【旅本】江國香織×森雪之丞「扉のかたちをした闇」心の扉を開けそうな、開けていいの?とそんな狭間にいる気分に

 

「男のひとは
愛に疲れやすいので
愛に倦(う)まない女たちは
自分ひとりで愛に溢れる」

(江國香織)

 

「女のひとは
愛をむさぼり生きるので
愛を産めない男たちは
夢を耕して愛を補う」

(森雪之丞)

引用:扉のかたちをした闇

 

 

扉のかたちをした闇・・・・・

 

このタイトルに心惹かれて手に取ると、私の大好きな江國香織さんの名前が。

森雪之丞さんとの連弾詩集。

これは買うしかない。

 

 

 

 

詩集というのは、心にそっと触ってくるような感じがして好きです。

短い文の中に、人生が詰まっている感じがする。

 

 

 

この本はまさにそんな感じがしました、生活が、心が、人生が、生きることが、そのようなことの何かに気づかされる。

 

 

 

まずは、1月から12月をテーマに月ごとにおふたりの詩が連弾であります。

それに有名な絵画をテーマにも。

 

江國さんの言葉には、

ふわっと心に触れられて、そっとなでられて、丁寧に丁寧に、

でも心が熱くなる・・そんな気持ちになります。

 

 

 

森雪之丞さんの言葉には、

ハッとするような、ゾクゾクするような、ちょっとワイルドな。

生きている自分を「今、生きてんだよ!」と「絶対忘れるなよ!」と刻み込まれたような衝撃。

 

 

 

 

読んでいて本当に面白い。

それは笑えるような面白さじゃない。

 

言葉の選択や、考え方、文、なにもかもが新しい。

次の言葉、文章が全く想像できない。

 

 

私は詩や文を言葉にだして音読するのが好きなのですが、

そして割とすらすら読めるほうで、あまりつっかえることもなく読めるんです、

 

それなのに、まったくすらすら読めない。

 

 

 

スキルだとか頭の良さ悪さとか、下手なんでしょ、とかそういうことではない何か。

想像できない言葉の世界が広がっているんです。

 

 

 

知らなかった世界が、いや、知っていたのかもしれない世界なのに、

心の奥にどんどんどんどん何かが広がっていくのです。

 

 

 

だから何度も何度も読んでしまいます。

手放せません。お風呂にまで持ち込んで読んでいます。

 

 

 

私が特に好きな詩は、

森雪之丞さんの「忘れ上手」です。

 

 

ハッとするんです。

わかっていることなのに、ハッとして、ちょっと怖くなります。

わかっていることなのに、怖くなって、泣きそうになります。

 

 

 

どれも詩なので、短く、旅先で開くにも読みやすい。

旅先で読むと、この言葉たちがより強く心の中を進んでいきそう。

 

 

一冊持っていてほしい、そんな本です。