夫が称賛した人間ではない方

 

前回までの「北海道×大分が生んだもの」でも書いているのだが、
わたしは只今Wiiで人生初の体重管理とダイエット中である。

 

ちなみに今日はBMIが昨日より0.1増えてしまった。
そして珍しくいつも以上に空腹で、ローソンのロカボアイテムである「マヌカハニーアーモンド」を食べて19時を迎えてしまった。

1袋食べきってしまっても、糖質5.7gなので、おやつにとってもありがたい商品なのです。
ローソンは本当に救世主。

 

 

 

そしてそんなWiiでの体重管理だが、
わたしは前々回の記事にもあるが、毎朝起きたらトイレに行ってすぐに量っている

 

毎日の体重管理が日課になっていて、そろそろ習慣になりつつある?と思っているのだが、
そんなWiiの体重測定を夫も時々始めたのだ。

 

 

夫も社会人になってから太り、わたしよりも自分の体型をしっかり気にしている夫は、
太るからと夜はあまり白ご飯を食べないようにしていた。

 

 

「白ご飯は食べない」
こういう努力が継続できないわたしからすると羨ましいし、このまま夫だけ痩せていったらどうしようとも思っていた。

 

 

北海道帰省から帰ってわたしと同じように夫も太り、ついに夫もわたしがやっていたWiiをやってみると言ったのである。

 

 

一緒のゲームができる!という感覚になったので「やりなよ!」と薦め、
夫はWii fitのからだ測定機能で体重を量り、シェイプボクシングもたまにするようになった。

 

 

基本的にわたしが薦めるものはあんまりやらないので、一緒のWiiをやってくれているのがちょっぴり嬉しい。

 

 

わたしみたいに毎日量るわけでもなく、同じ時間にするわけでもなく、気分でやるだけなのだが、
つい最近夫は1週間ぶりにWii fitのからだ測定をした。

 

 

夫は面倒くさがりなのでこういうのはなかなか続かないのだが、
今日はやると嬉しい私。

 

 

ゲームを起動し、ソフトを起動し、最初の画面になり、夫のデータを選択。

するといつも一番最初に出てきて挨拶をしてくれるWiiボードのキャラクターが、

「コンバンハ。
 もうすぐはせみさんのお誕生日ですね!
 お祝いの準備はできていますか?
 何でもいいのでプレゼントはちゃんとしましょうね!」

と言ったのだ。

 

 

最初に誕生日を設定しているのだが、ほかの人のデータをやっている時にその人に「ちゃんとお祝いしてね!」と言ってくれる優しさ。

Wiiボード君。
なんていい人なんだ。

いつも「今日も朝早いですね!」とか「ちゃんと寝れていますか?」とか心配してくれるだけで私は嬉しいのに、わたしの誕生日もちゃんと覚えていてくれていたんだね。

 

と少々感激。
夫に「お祝いしてね」って言ってくれるなんて、ますます感激。

 

 

 

そんなわたしの横で夫が言った。

 

「毎日しっかりWii fitやったほうがいいのかもしれない!!
誕生日をお知らせしてくれるなんて!
忘れずに済む!」

 

「Wii、本当にすごい!!」

 

 

 

Wiiに教えてもらって祝ってもらう誕生日って一体・・。
とWiiの今まで知らなかった一面を見て喜んでいる夫を見ながら思った。

 

 

人間でもないしな。と思いつつ、
「わたしの誕生日をちゃんとお祝いしてあげてね!プレゼントもあげてね!」と言ってくれる人?がこの世にいたことが嬉しい時間でもあった。

 

 

Wii。
これからもわたしの体重管理と誕生日の管理をお願いします。
これで祝ってくれなかったらどうしましょう。