【私のおすすめコミック】新米姉妹のふたりごはん

 

「グルメ漫画」でしょ、と思っているそこのあなたに読んでほしい1冊。ある日急に姉妹になって二人暮らしをすることになった、ふたりの美味しいご飯が繋げる美味しいご飯の物語~♪というかもちろんご飯も美味しそうだけれど、何より二人が可愛くて愛しくて、手の込んだ料理を誰かと食べるって温かいなと感じる1冊です。

 

 

 

新米姉妹のふたりごはん

 

 

料理を作るのが好きな人、

手の込んだ料理を作る自分に憧れる人 (はい!挙手!) は絶対好きな1冊です!!

 

 

ある日急に姉妹になって二人暮らしになったふたり (これだけ聞くと複雑な設定)

 

明るく人懐っこいお姉ちゃんと、恥ずかしがり屋で大人しいけど料理が大好きな妹がとにかく可愛いんです。

優しくて、姉妹思いで、ピュアで、愛しくなっちゃう!

けど、ベタベタでもなく、さっぱりすっきりした読み心地。

 

 

料理は温かい定番料理から、海外にいるお父さんが送ってくれるフォアグラや夢の塊チーズまで!

鹿肉や、本格クリスマスチキンまで!

 

 

 

グルメ漫画だけど、グルメだけじゃない人間ドラマ!

グルメ漫画って、毎回レシピをメインとしてその他の要素はあんまりないんじゃないか、って私は思っていました。(失礼かっ)

 

だけどグルメ部分がお話にまるでシチューのように溶け込んでいて、

姉妹と親友とよくある女同士のちょっとしたヤキモチが、ピリッとコショウのようにアクセントに。

(鬱陶しいですよね。グルメ調の単語を入れたかっただけです。)

 

でもそんなの一瞬で終了で、とっても仲がいい!

読むと心が温まる。

 

 

たまには手の込んだ料理を友人や兄弟、家族、ひとりでも、ゆっくり美味しいものを食べたくなります。

次のお正月休みは、「よし!手の込んだ美味しいものを作って、家でのんびりするぞ!」と思っちゃいます。

(でも実際するのは「家でのんびりするぞ!」の部分だけなんて言わない)

 

 

一度読むと、この二人への愛が止まらない。

ぜひぜひ寒い冬はゆっくりお家で「ふたりごはん」を!

▼試読みもありますよ▼

コメントを残す