大人だけの依存にゾクゾクする江國香織さんの「いくつもの週末」を片手に

江國香織さん。優しいような怖いような、人間の心の奥深くにある部分に手が届きそうな、そんな文章を紡いでいるといつも感じています。

物語はもちろん、エッセイもそんな言葉がちりばめられ、読むのが一瞬怖いけれど、でも絶対手に取ってしまう本たち。

そんな江國香織さんのエッセイをぜひ読んでほしいのです。

 

 

 

どんな本なの?

 

 

江國香織さんが夫と過ごす日々を主に描いているエッセイです。

 

「結婚」「夫婦」って「普通」だと思っていました、私自身が結婚するまでは。

周りの友人が結婚し始め、私自身も結婚をし、「夫婦」に「普通」はないんだなと思うようになりました。

もちろん自分たちにとっては「普通」なんです。「日常」なんです。

だけど「普通」ではない。そんな矛盾したものかもしれません。

 

 

「夫婦」。

その二人だけの形があって、同じ形は二つとない。ほかの人とは分かり合えない感情。

 

 

大人にしかできない依存

 

この江國香織さんの言葉を読んだとき、ちょっとゾクゾクしました。

 

 

今はまだ結婚してそんなに経っていないけど、これから何十年先、結婚して20年、30年経った時に読むとまた違った感情が沸き起こるかもしれない。

だからこの本は絶対手放せないなあ、と。

 

そこにあるだけで、ゾクゾクする。中身を読んだわたしだけ。

読んでいない夫は、「いくつもの週末」って羨ましいな~くらいのワードに過ぎないんだろうけど。

 

 

 

そんな夫はほっといて、女性のみなさんに手に取ってもらいたい1冊です。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す