【大分県の方言】よだきいときの魔法の言葉。

 

 

社会人になって「有給」がどんなに素敵な言葉なのかを知った。

 

 

というか、土日しかお休みがないなんて、

この先この仕事をしている間はそれが決まっているなんて、平日の予定は埋まっているなんて。

 

 

 

とも思うけど、「華金」の嬉しさは、社会人じゃないと知らなった幸せ。

 

 

 

 

華金までもたず、「よだきい」「よだきい」「よだきい」って気持ちでいっぱいになると、もう無理だ。

「よだきい」=「面倒くさい」というこの負の連鎖。

 

 

仕事に行ったって「どうせなにもできない」「なにもしたくない」というダメダメな私。

 

 

 

そんなときは職場のパソコンの前でぼ~としてします。

 

 

 

でもまだ行けるだけましで、

ベッドからどうしてもでる力でないとき。

 

出ないのか、出たくないのはわかんないけど、どうしても起き上がれないことがあるんです。

 

 

 

 

そんなときは魔法の言葉を唱えます。

 

 

 

ユーキュー

 

 

 

休んでもお金ができる有給休暇。

 

よこうことができる魔法の言葉。

 

 

 

「今日はよこう!(休む)」と決意して、

休みだ~となると同時に押し寄せてくる「あと有給は何日残ってる」という悲壮感。

 

 

 

嬉しさと限界のある幸せに対する絶望感と、有給が私の体に与える影響は様々で、

本当に魔法の言葉みたいです。

(魔法の言葉は方言のほうではなく、ただの有給)

 

 

 

社会人は自分でお休みを決めていいんだ、と思って、

これからも働きます。